カテゴリ:平成28年1月31日


31日 1月 2016
余熱調理シリーズ2つ目の方法は、表面は高温で加熱して、中心は余熱で火を通すメニューです。 アツアツ鉄板の余熱を利用すれば、外側が焦げることなく中まで火が通ります。 鉄板ローストビーフや分厚いチキンステーキなどが代表メニューです。 また、中身に火を通さなくてもよい食材を使えば、余熱がちょうどいい感じに、中まで温めるてくれます。

金物の昭和屋 

〒509-2202

岐阜県下呂市森859-20

TEL 0576(25)2476

FAX 0576(25)5332

 

営業時間 8:00~19:00

定休日  毎週日曜日