2016年

1月

31日

余熱調理-中は余熱で火を通す

余熱調理シリーズ2つ目の方法は、表面は高温で加熱して、中心は余熱で火を通すメニューです。

アツアツ鉄板の余熱を利用すれば、外側が焦げることなく中まで火が通ります。

鉄板ローストビーフや分厚いチキンステーキなどが代表メニューです。

また、中身に火を通さなくてもよい食材を使えば、余熱がちょうどいい感じに、中まで温めるてくれます。

そこで、今回は、中身に、火を通す必要のないお豆腐とご飯に豚バラ肉を巻いて、表面だけ焼き、中身は余熱で温めてみました。

超お手軽に短時間でできます。

お豆腐とおにぎりに肉を巻いて中身は余熱で調理する

固めのお豆腐とおにぎりを用意します。

おにぎりにはゴマ塩を混ぜました。

豚バラの薄切り肉を巻いていきます。

高温に温めたアツアツ鉄板に並べて焼いていきます。

こんがりと表面を焼いていきます。

2~3分で肉の部分には火が通りました。

火を止めて余熱でお豆腐に火を通していきます。

あまり長い時間放置すると、油を吸収してしまうので、気を付けてください。

1~2分放置してタレをかけてもまだ、グツグツします。

出来上がり!

お豆腐もあつあつになりました。

ヘルシーですが食べ応えのある1品になりました。

アツアツ鉄板をキッチンペーパーで拭いて、肉巻きおにぎりも同じように焼いていきます。

こんがり美味しそうな焼き目が付いてきたら火を止め、少し放置して中まで、温めます。

こちらもタレをからめて出来上がり。

ボリューム満点の肉巻きおにぎりの完成です。

このようにアツアツ鉄板の余熱温度を知っておくと、色々利用でき、ガス代の節約にもなります。

是非お試しください。

使用鉄板

アツアツ鉄板 カセットコンロサイズ6㎜
1人~3人用 25cmx25cm 重量6mm:4.2kg
¥6,800  
0 コメント

金物の昭和屋 

〒509-2202

岐阜県下呂市森859-20

TEL 0576(25)2476

FAX 0576(25)5332

 

営業時間 8:00~19:00

定休日  毎週日曜日