2016年

5月

21日

なぜ重い鉄のフタで美味しくなるのか

今度発売予定の「角フタ」は、アツアツ鉄板と同じ鉄製で、カセットコンロサイズのフタで重量が1.4kg、ファミリーサイズのフタになると2.5kgくらいあります。

 

鉄板焼きでこのフタを使えば、蒸らすので、早く火が通るってことは、容易に想像できますが、モニターさんから「フタを使った方が、さらに美味しくなる」って言われて、「えーー??味も変わるの???」って思ったわけです。

 

以前「キャンプオールマイティー」を作った時も、今回「角フタ」を試作している時にもユーザーさんから、

 

「これシャープのヘルシオに近い状態ですよね」

 

って言われて、その時は、どうゆうことかよくわからなかったのですが・・・

 

で、ヘルシオってどういうオーブンか調べたら、

ヘルシオさんの動画です。

ヘルシオは、高密閉の庫内で、大量の過熱水蒸気を発生させ、その水蒸気で食材を焼くんですね。普通の水蒸気では、食材を焦げるまで焼くことはできませんが、過熱水蒸気は、オーブン過熱の8倍もの熱量があるので、一気に食材の中心まで火を通すことができる、それも水で焼くことが出来るのです。

だから、長時間焼いたり茹でたり、電子レンジで加熱したりするよりも細胞破壊が抑えられ、旨みが逃げ出さず、栄養価も損なわれず調理することができるので、「おいしい!」と感じるのだと思われます。

その他にもヘルシオさんには、脱脂や減塩などの効果もあるそうです。

詳しくはヘルシオさんのWEBサイトからどうぞ

つまり、高温状態密閉状態が必要なわけです。

こ、これは・・・・アツアツ鉄板と角フタの組み合わせと条件が一緒じゃないですか!

(あ!キャンプオールマイティーも一緒です)

アツアツ鉄板に角フタをすると、内部の温度は100度以上で保たれます。なので、100度で水蒸気になった水分がさらに熱せられ、フタ内の水蒸気は、過熱水蒸気になっていると思われます。

そして、重いフタで密閉状態を作っています。

 

まさに、なんちゃってヘルシオだあ!

まあ、「おいしい」というのは、個人の主観でもありますし、シャープさんのような大企業のように「うまみ成分が○%なった」というような客観的な数字が出せるわけでもないですし、そもそも、過熱水蒸気になっているというのも、推測でしかないわけですが(^^ゞ状況証拠を重ねるように、色んなレシピをコツコツ試して多くの方に「おいしい!」と感じてもらい、この仮説を証明していけたらいいなと思っています。

今までのところで、いくつかメニューを試作してみて、その他に感じた「角フタ」のメリット・デメリットもお伝えしておきます。

メリット

  1. 油ハネや水ハネが、1番激しい時にフタをするので、キッチンが汚れない。(これ主婦うれしいです)
  2. 途中でフタを開けてもすぐに高温になるので、圧力なべのように開けるために圧力を抜いたり、冷ましたりする時間が要らない。
  3. 水分を入れなくても食材の水分だけで加熱しているので、旨味が薄まらない。
  4. 中まで加熱しながら、焼き目も付けることができる。

デメリット

  1. 角フタは、アツアツ鉄板のように、自然に油がなじんで錆びにくくなるわけではないので、使用後は油を塗っておく手間がいる。
  2. キッチンでは、収納に悩むかもしれません。(25㎝x25㎝ 高さ9㎝)結構かさばります。

ご購入はこちらから

アツアツ鉄板 カセットコンロサイズ6㎜
1人~3人用 25cmx25cm 重量6mm:4.2kg
¥6,800

「角フタ」はこちらからお願いします。

0 コメント

金物の昭和屋 

〒509-2202

岐阜県下呂市森859-20

TEL 0576(25)2476

FAX 0576(25)5332

 

営業時間 8:00~19:00

定休日  毎週日曜日