2015年

9月

27日

ブランデー仕立ての渋皮煮栗入りどら焼きつくりました

ブランデー仕立ての栗の渋皮煮を丸ごと入れた、生どら(生クリーム入りどら焼き)作りました。

アツアツ鉄板なら、均一に熱が伝わるので、焼き目のきれいなどら焼きができます。

実は、小豆を煮たり、生栗からブランデー風味の渋皮煮を作ったり、生クリームをホイップしたりするが、大変な作業で、アツアツ鉄板の出番ではないので、ブログではそのあたりは割愛し、生地を焼くところを中心に説明していきます。

お時間のない方は、、中身は市販のモノでも、生地が手作りで、できたてを使えば、十分美味しくいただけると思います。


では、作り方です。

栗と小豆は前の晩から、用意します。

小豆は洗って水につけておきます。

栗はブランデー仕立てにし、一晩つけておきます。



http://cookpad.com/recipe/2378998

栗の渋皮煮ブランデー仕立てを参考に作りました。

小豆を煮て、生クリームをホイップします。

どれも少し多すぎました・・・

小豆はどら焼き用に少し取って、水飴を入れ、もう1度火にかけ、粘りとつやを出しました。

生地はホットケーキミックを使いました。

聞いたことのないメーカーのモノでした。

通常の牛乳量の1.5倍くらいのシャビシャビのタネでちょうどいいくらいです。

鉄板は、一度、高温になるまで温め、それから火を切って冷まします。

160度位まで冷めたら、弱火にし、油を塗って焼き始めます。

生地は、一点に少しづつ落としていくと、きれいな円になります。

生地がやわらかいので、あまり大きくしない方が扱いやすいです。

2~3分で表面に穴があいてきます。これがひっくり返す合図です。ほぼ火も通っています。

きれいな焼き目が付いています。

次々とすぐに焼き上がります。

弱火なので、火元の上と端っこでは少し焼き目にムラが出ますので、置き場所をずらすなどして、均一に焼き目が付くときれいです。

焼き上がった生地に、あんこ、ホイップクリーム、栗の順にのせ、また、生地をのせます。

フタの生地に「昭和屋」の焼き印を入れてみました。

栗の渋皮煮ブランデー仕立ては、渋みとブランデーが、最高に引きたてあって、これに紅茶でもあわせたら、至福のティータイムになりそうです。

鉄板関係ないですけどね。

使用鉄板

アツアツ鉄板 カセットコンロサイズ6㎜
1人~3人用 25cmx25cm 重量6mm:4.2kg
¥6,800
鉄板用ヘラ
ヘラ部は、ステンレス製です。元は工具なので、頑丈に出来ています。 豪快な料理に最適です。
¥1,300
0 コメント

金物の昭和屋 

〒509-2202

岐阜県下呂市森859-20

TEL 0576(25)2476

FAX 0576(25)5332

 

営業時間 8:00~19:00

定休日  毎週日曜日